太ももダイエット|後ろにある「裏ももの痩せ方」を調べてみました

太ももダイエットではスクワットなどの運動をして、大腿四頭筋などの前側の筋肉を鍛えることに重点を置きますが、後ろ側の半腱様筋などを鍛えることも大切です。前側と後ろ側の筋肉をバランスよく鍛えることによって、基礎代謝量も飛躍的に増加させることができます。太ももダイエットというだけあって、太もも全体の筋肉を余すことなく鍛えることが何よりも重要です。スクワットの方法も色々とありますが、後ろの筋肉も使えるように工夫をすることが大切です。

後ろ側の筋肉は、意識的な運動を行わなければ鍛えることが難しいものです。無意識に歩くだけでは、インナーマッスルまで鍛えることができません。インナーマッスルは体の奥底で眠っていて、普段もあまり使わない筋肉です。太ももダイエットのトレーニングでは眠っているインナーマッスルに作用するストレッチやスクワットを行って、引き締め効果を最大限まで高めていきます。筋肉を増やすためには、運動時間は徐々に長くしていくことも大切です。

太ももダイエットはリバウンドの可能性を低くすることができる方法ですが、食事にも注意をする必要があります。太ももダイエット中の食事は、高タンパクで低脂肪になるように心がけます。タンパク質の不足をなくして、太ももの後ろ側も鍛える運動も毎日のように欠かさずに行います。室内だけでの運動では飽きてしまいますから、たまには自転車を使って遠くまでサイクリングをすれば太ももの後ろの筋肉もしっかりと鍛えられます。

おすすめ記事