太ももダイエット裏側を鍛える方法※太ももの後ろが気になる!

太ももダイエットを成功させるためには、太ももの裏側で眠っているインナーマッスルを鍛えることが欠かせません。インナーマッスルも鍛えることによって、基礎代謝量が増加して太りにくい体質へと変化させることができます。スクワットやストレッチなどを効果的に実践することによって、太ももの裏側の筋肉を刺激して鍛えることができます。インナーマッスルにも作用するスクワットの方法は、スポーツジムなどに通って教わったり、トレーニングの本を読んで学ぶことができます。

太ももダイエット中には、サイクリングも行うと効果的です。ロードバイクなどのスポーツ自転車に乗るときには、体全体の筋肉を使うことになりますが、裏側のインナーマッスルを鍛えるためにも有効となります。サイクリングをするときには、片道で50kmくらいの距離を目安として行えば、基礎代謝量は大幅に増加していきます。普段の移動中に階段を上るときには、二段ずつ上がるようにして、ひねりも少し加えてあげれば裏側の筋肉を刺激することができます。

太ももダイエットは、体の中でも最も大きい太ももの筋肉を鍛える方法ですから、基礎代謝量が上昇しやすくてリバウンドもしにくい方法です。食事ではタンパク質をしっかりと摂るようにして、丈夫な筋肉が作られるようにします。スクワットは家事や仕事の合間にも何度も行うようにすれば、運動不足で基礎代謝量が減ることがありません。室内でも行える縄跳びをすることも、裏側の筋肉を鍛えるために有効です。

おすすめ記事