【太ももダイエット産後編】引き締めるにはどうしたらいいですか?

産後は、妊娠中に赤ちゃんを守るために脂肪がつきやすくなるため、太ももも太くなっています。妊娠中に増えた脂肪は流動性脂肪のため、水分が多く燃焼しやすいですが、放置すると落ちにくい脂肪へとなるため、産後の太ももダイエットは大切になります。
産後6ヶ月以内は脂肪が落ちやすい時期とされているため、太ももダイエットをする場合には、この痩せやすい時期に始めることがベストです。
原因に合わせて太ももダイエットを行います。むくみが原因の場合は、冷えや疲れからリンパの流れが悪くなり老廃物が溜まることがあります。また、出産後は、母乳を作るために水分を溜め込もうとするため、むくみやすくなります。むくみの場合は、短時間で消えることが多いです。
セルライトが原因の場合には、減量してもセルライトは落ちないため、ストレッチ運動などで時間をかけて落としていくことになります。
体重が戻っても太ももが細くならない場合には、骨盤のゆがみが原因の場合があります。骨盤がずれた状態で脂肪がつくことで下半身が太りやすくなります。そのため、骨盤を正しい位置に戻すことで太ももも細くなります。骨盤のゆがみを解消するには、エクササイズや骨盤矯正ベルトなどを使用します。骨盤矯正ベルトは、忙しい人でも広がった骨盤を改善することができます。骨盤を矯正することで、太ももを細くするだけではなくぽっこりした下腹や手足のしびれ、便秘、腰痛なども改善することができます。

おすすめ記事