太ももダイエットは椅子に座って簡単に出来る※足痩せマニュアル

ダイエットをしたいと思う人が気にする体の部位には、腕やお腹、脚などがあります。
そのなかでも、脚のダイエットで細くきれいに見せたいという人も少なくありません。
特に太もも部分を細くしたいという人のために、太ももダイエットというのがあります。
ダイエットは、有酸素運動だけでなく無酸素運動を行うことで筋肉が発達し、脂肪を燃焼しやすくするのがポイントです。
筋肉がついてしまうことが心配になるかもしれませんが、太ももダイエットでもある程度筋肉量を増やさないといけません。
太ももダイエットは椅子に座ってもできる簡単なエクササイズもあります。
用意するものは椅子とボールだけで簡単にできるので、椅子に座ってさっそく試してみることができます。
方法はとても簡単で、まず背筋を伸ばした状態で椅子に座り、両足のかかとをしっかりとつけるようにします。
その状態のまま、両足の親指をぴったりとくっつけます。
さきほどつけた両足のかかとが離れないように、両足のかかとから親指がぴったりとくっつくようになっているのを確認します。
ビニールやゴムでできた片手でつかめる大きさのボールを、足の付け根の内ももで挟める位置に置きます。
内ももの付け根の方から力を加えて、足を閉じるようにします。
この時に、椅子に座っている状態でも、内もも全体の筋力を鍛えることができるようになります。
普段の有酸素運動とは別に、無酸素運動として普段から椅子に座ったときに実践するのがおすすめです。

おすすめ記事