太ももダイエットはラップで巻くべき?※本当に細くなるのか調査

足が細くなりたいという人が気になる部分は、太ももやふくらはぎを挙げる人が多いものです。
特に引き締めたい部分としては、内ももを挙げる人が多くいます。
しかし、太ももダイエットの中で、意外と盲点になっている部分が膝上のお肉です。
寒い季節でも、ファッション重視で生足で過ごす人も多いものですが、膝上は年齢が出やすい場所です。
年齢を重ねるとたるみが顕著に出る部分ですので、いくら若々しい服装をしていても、ごまかしがきかない場合もあります。
また、この部分がたるんでいると、年齢が上に見られてしまうことにもなりかねません。
そこで、簡単にできる膝上の前側を引き締めに効果がある、太ももダイエットのエクササイズがあります。
この方法は、膝上や太ももの前側のお肉に効くだけでなく、太ももダイエットにも効果がありますので、1日に1分間は欠かさず続けたいものです。
膝上の前側を引き締めるには、膝上の筋肉を刺激する必要があります。
まず最初に、床について膝立ちをします。
両膝の間には、こぶし1つが入る位に開きます。
太ももとふくらはぎが90度になるように、真っすぐの姿勢を保ちます。
次に、両腕を肩の高さまで前に真っすぐ伸ばします。
その姿勢のまま、体勢を崩さずに後ろへゆっくりと倒れます。
横から見ると「Z」の形になっているはずです。
その状態のまま10秒間キープします。
これを1回につき3回行います。
膝に負担がかかりやすいので、最初のうちは無理をしないように注意しながら継続することが大切です。

おすすめ記事