太ももダイエットは走ることが大切!!※足痩せのための走り方

太ももダイエットをしようとランニングを頑張って習慣化している人も増加傾向にありますが、走ってもなかなか太ももが痩せないという方は、その走り方に問題があるのかも知れません。
エネルギーを多く使うランニングなのですが、速く走ると無酸素運動になってしまうので、短距離選手のように脚が太くなってしまったり、効率よく脂肪を燃焼させることができないのです。
よって太ももダイエットを成功させたいのであれば、適度な速さで走るようにすることでマラソン選手のようなスリムな太ももを手に入れることができるのです。
また、走るフォームも重要なポイントになってきます。
何となくダラダラと走ったり、フォームが乱れてしまっては、ふくらはぎや太ももの前に余計な筋肉がついてしまうので、脚が太くなってしまいます。
また、ランニングは全身の筋肉を連動させて行うものなので、上半身が硬いと全身がうまく使えなくなるので、脚だけが疲労してしまうのです。
正しい走り方はしっかりと顎を引いて目線は遠くを見ます。
背筋を伸ばして上体をまっすぐにし、踵から着地するように走ります。
また、腕をリズミカルに前後に振ることによって、脚への負担を軽減させて効率よく脂肪をエネルギーに変える手助けをしてくれます。
太ももダイエットを成功させたいと願うあまり、脚だけに意識がいってしまいがちですが、この走り方を継続して行うことで太ももはもちろん、全身もスッキリとしてくるはずです。

おすすめ記事