太ももダイエットの歩き方※歩く方法を変えるだけでスゴく効果的

下半身ダイエットのなかでも特にサイズダウンが難しいのが太ももダイエットです。
太ももにはセルライトがつきやすく、むくみも起こりやすい部位です。
そのため、エクササイズや食事制限の効果が実感しにくい場所なので、ダイエットの途中で挫折してしまう方が多いのです。

太ももダイエットは、短期間で結果を出そうとするのではなく、長期的な目で見て、気持ちにゆとりをもって行うのがよいでしょう。
手軽にできておすすめなのは、歩くことです。
歩くといっても、普通に歩くのでは意味がありません。正しい姿勢をキープした歩き方を意識して、その効果を十分に伝えることができるようにしなければ意味がありません。
歩き方としては、脚を大股で開き、しっかりと地面を踏みしめて歩くということです。
かかとから地面に着地し、つま先で力強く地面を蹴ることをイメージしましょう。
ウォーキングの姿勢を参考にすると分かりやすいですね。
この歩き方で、最低でも20分は継続して歩くようにしましょう。

通勤や移動時に、なるべく公共機関を使わずに、一駅分でも歩いてみるだけでも違います。
脚が締まってくるのが分かりますよ。太ももに筋肉がついてしまわないか心配な方もしるかもしれませんが、脂肪は落ちても、過度な筋肉が付くことはないので安心してください。
このような方法を継続して実施していくことで、太ももダイエットを成功させることができます。
さっそく始めてみてはいかがですか。

おすすめ記事